USEFUL INFORMATIONお役立ち情報

テント倉庫

テント倉庫は台風に強い?台風対策や破損時の修理について

自然災害が多い日本では、企業の保有している建物の災害対策が必要です。毎年台風による倉庫の被害はニュースになっており、常に企業は被害を最小限にとどめるために対策する必要があります。被害が出た場合にはどのように対処するか、事前にマニュアルなどで社内共有している企業も多いでしょう。

日本においては7~10月にかけて台風の季節がやってきます。台風においては雨漏りや建物の破損などを心配する方が多いでしょう。倉庫が倒壊、破損ということになれば倉庫に保管していた物品にも被害が出るほか、倉庫の破損した屋根やガラスが飛ぶことによる二次被害も発生してしまう可能性があります。

そのような事態に備え、被害を最小限に抑えるためにはテント倉庫が有効です。一般的な倉庫と比べ、テント倉庫は台風や自然災害に弱いように感じる人もいるかもしれません。しかし、テント倉庫は耐久性のある素材や構造を持ち、台風においても壊れにくくできています。

今回はテント倉庫が台風に強い理由と導入するメリットについて説明したうえで、テント倉庫の台風対策や修繕法を解説します。毎年台風による倉庫の被害に頭を抱えている方、テント倉庫をすでに導入していて台風で飛ばされないか心配している方はぜひ参考にしてください。

台風による倉庫の被害

テント倉庫破損

大型の台風が到来した場合、破損や雨漏りなど倉庫自体の直接的な被害だけではなく、壊れた倉庫の部品が周辺の建物に与える影響も考慮する必要があります。

ここでは台風が、倉庫やその周囲に与える被害について説明します。

倉庫の破損や倒壊などの一次被害

台風が倉庫に与える被害として、天井や外壁、窓ガラスなどの破損があります。被害が大きい場合は、倉庫の倒壊を引き起こすだけでなく、倉庫内に保管している商品や資材への損害も起こり得ます。倉庫が一部破損しただけでも、雨や風が内部に侵入し、倉庫としての機能は大きく損なわれます。

以下のデータは、2018年に発生した台風18号で被害に遭った非住居の棟数です。

建物種類 被害棟数
公的建物 20棟
その他 528棟

(引用:
消防庁 応急対策室 平成29年台風第18号による被害及び 消防機関等の対応状況等について(第14報)速報総務消防庁

一見すると丈夫で雨風に強そうな倉庫であっても、台風による被害がないとは言い切れません。実際、台風によって人が倒壊した建物の下敷きになる事故も起こっているので、いかに丈夫そうな倉庫であっても台風による被害は予想できるものではないことを認識しておきましょう。

とくに近年は大きな台風が連続して上陸することも多いため「今まで大丈夫だったから今度も平気」とは言えなくなってきています。台風の雨風はしのげたとしても、周囲の建物から破片が飛んできて、壁や天井などに穴が開いてしまった、ということもあるため注意が必要です。

周辺の建物への二次被害

倉庫が破損・倒壊したことによる二次被害も、台風被害として注意したいポイントです。

屋根や壁など、倉庫の素材が台風によって飛散し、近隣の建物や通行人への被害につながる可能性が考えられます。実際、倉庫の部品が車や民家に傷をつけ、補償を巡るトラブルに発展したケースは少なくありません。そのため、二次被害に関しても十分に考慮した倉庫管理が必要です。

二次被害の発生しやすい倉庫の特徴は、倉庫の老朽化や使用頻度が多いことによって取り付けが緩くなった部位や部品の欠損などがあることです。日ごろから倉庫の点検やメンテナンスをし、事前に補強・修理をして壊れている箇所を放置しないようにしましょう。

テント倉庫は台風被害を軽減できる

これまでに紹介したような倉庫の破損や倒壊、周囲の建物や人への被害を最小限に抑えた台風対策を行うためには、テント倉庫が有効です。

テント倉庫は、構造が金属の骨組みとシート膜で構成されています。建物自体の素材が非常に軽いため、台風によってシート膜が破れて飛ばされても、甚大な被害は避けられます。

このような話を聞くと、「軽いとすぐに飛ばされてしまうのでは?」と考える方もいるでしょう。しかし、テント倉庫自体の耐久性は十分にあるため、台風でも簡単に破れることはありません。

また、飛来物がぶつかって破損が生じたような場合、修復が容易な点もテント倉庫の特徴です。シート膜の破損範囲が狭ければ部分的な補修で済むこともあり、一般的な建築物の倉庫と比べてテント倉庫は修復にかかる費用が少なくて済みます。大型の台風によって大きな被害が発生したとしても被害額は最小限に抑える事が可能です。

テント倉庫の台風対策は定期的なメンテナンスが重要

メンテナンス

テント倉庫は一般的な倉庫より台風被害を低減できますが、台風への対策やテント倉庫のメンテナンスは必要です。新しいテント倉庫であれば軽いメンテナンスで維持できますが、長年使用すれば耐久性は落ちてくるのが一般的です。耐久性が落ちた状態で使用し続けると、台風や災害時に想定より大きな被害を受けてしまう可能性があります。また、大きく破損したときに修繕では対応できず、建て替えが必要になる場合もあるでしょう。日常的な点検やメンテナンスを心がけることで、結果的にコストを削減できます。

テント生地の点検

テント倉庫の生地が脆くなっていたり破れがあったりすると、その部分が原因でより大きな被害を招いてしまう可能性があります。台風の時期が来る前に、最低でも一度はテント生地の点検をしておくのがおすすめです。事前にシート膜の破れやたわみなどの問題を早期に発見し補強や補修をしておけば、テント倉庫への被害を最小限に抑えられます。

テント生地の張り替え

テント生地は太陽光に含まれる紫外線によって、日々劣化してしまう素材です。最初はハリのあるしなやかな生地であっても、10~15年程度経過すると生地は柔軟性が失われます。

たわみや紫外線による劣化がみられるテントは、補修や補強をしていたとしても台風に耐えられない可能性があります。生地の劣化が激しい場合は、一部の補修や補強だけでなくテント生地全体の張り替えも検討しましょう。全体の張り替えをすることで生地部分が新品同様となり、細かな補修や補強を重ねていくよりも結果的にコストが抑えられると考えられます。

もし今の生地が劣化しているのか判断できない場合は、一度専門業者に相談すると良いでしょう。この時、必ずしもテント倉庫を建てた会社である必要はありません。実際に弊社では他社様で建てたテント倉庫の補修工事を行っております。オリジナルの特注シート「OSカスタムFR1」により、他社より耐久性に優れたシートへの張り替えも行えます。素材をより丈夫な生地にしておくことで、大型の台風が来たとしても十分に耐えられるでしょう。

鉄骨の補修

テント生地と同じように鉄骨も長い年月が経てば劣化するため補修が必要な場合があります。

鉄骨には防錆加工が施されていますが、テント生地との接点や地面に接している部分など、一部が錆びてしまうとその部分からサビが広がる傾向にあります。サビは浸食が早いため、できるだけ早めの補修が重要です。また商品や資材を移動させる際に間違って鉄骨を傷つけた場合も、その傷からサビが発生しやすくなるため、迅速に補修をしておく必要があります。

テント倉庫が台風によって破損したときは?

万が一、テント倉庫が台風によって破損してしまった場合はどのような対処が必要なのかを紹介します。台風の被害に遭ったときの対処手順を事前に確認し、もしものときに備えましょう。

テント倉庫の施工会社に修理を依頼する

テント倉庫の損傷を確認したら、まずは施工会社に問い合わせをしましょう。見えている部分の破損はもちろん、気がつかない部分も破損している可能性があるため、現地調査をすることでテント倉庫の損害状況や修理にかかる費用、修理にかかる日数が割り出します。

保険が適用できる場合がある

台風によるテント倉庫の被害には、火災保険が適用されます。テント倉庫に被害が出たら修理依頼と同時に自社が加入している保険会社に問い合わせをしましょう。担当者が対応し、現地調査で破損状況を確認してから損害保険金を割り出してくれます。申請が承認されて保険金が下りるまで、だいたい1~3か月程度かかります。合わせて、テント倉庫の施工会社に保険を適用させる旨を伝えておきましょう。

台風被害を最小限にするにはテント倉庫の導入がおすすめ

テント倉庫は、通常の倉庫と比較して軽い素材でできており台風に強い倉庫です。周辺の建物に対する二次的被害も起こしにくく、台風被害を最小限に抑えられます。テント倉庫に使われるシート膜は軽く、風で飛ばされて落下しても、人が下敷きになったり、近隣の建物を傷つけたりする被害を避けられるためです。

台風被害による建物倒壊は毎年数多く発生しているため、ひとえに「うちの倉庫は大丈夫」とは安心できません。日ごろの点検やメンテナンスで、台風へ備える必要があります。

OSテックでは、テント倉庫のメンテナンスや修理を承っています。「台風が来る前に修理しておきたい」「どこが劣化しているか確認したい」といった事前のメンテナンスはもちろん、台風による被害が出た後の補修・修理も行えます。弊社オリジナル特注シート「OSカスタムFR1」は一般的なシート張り替えよりシート張り替え目安期間が長く、15年~20年とお伝えしております。耐久性に優れた生地への張り替えを検討している方はぜひ弊社にご相談ください。

お役立ち情報一覧へ

0120-777-649
受付:9:00~18:00(月〜金)

メールでのお問い合わせ スタッフ