USEFUL INFORMATIONお役立ち情報

風に強いテント倉庫の条件は?

テント倉庫を建てる場合、気になるのはその強度。テント倉庫は骨組みとシートで構成されているので「風に弱いのでは?」と心配する声を聞くこともあります。しかし、シートや柱の材質をしっかり選べば、その心配はありません。

ポイント1 耐久性の高いシートを選ぶ

テント倉庫に使われるシートの質は、近年飛躍的によくなっています。品質の良いシートを選ぶことで、風雨に強い倉庫テントを作ることができるでしょう。中でもOSテックが採用している特注シート「OSカスタムFR1」は、コーティングの厚みを2倍にし、さらにトップコートには特性樹脂を採用。高い耐久性が持続します。

 

 

ポイント2 構造(柱の形状)も忘れずにチェック

柱の構造についても確認しておきましょう。テント倉庫は軽量パイプトラス構造という工法で建てられることが一般的です。OSテックの場合、重量角パイプ構造の柱を採用しています。柱が厚くて強度をより高く保つことができ、風に対しても安心です。

 

 

定期的なメンテナンスで、テント倉庫を安全に

 

なお、シートは定期的に張り替えが必要です。柱についても、錆や傷みが出ていないかを点検しましょう。メンテナンスをこまめに行うことで、強度と安全性を維持することができ、快適にテント倉庫をお使いいただけます。

 

 

お役立ち情報一覧へ

0120-777-649
受付:9:00~18:00(月〜金)

メールでのお問い合わせ スタッフ