USEFUL INFORMATIONお役立ち情報

倉庫の建て替えのタイミングや注意点は?機能性が高くて安いテント倉庫がおすすめ

商品を保管しておくために、倉庫の存在は欠かせません。ネット通販が盛んになり、倉庫が占める役割も大きくなっています。

しかし、倉庫を長年使用すると、どうしても老朽化の問題が発生します。また、事業の拡大や省力化・省人化に伴いニーズが変わっていくこともあるでしょう。倉庫の役割自体も、物流の発達に伴い変化していくため、なかには倉庫の建て替えが必要になる場合もあります。

この記事では、倉庫の建て替えのタイミングや注意点について詳しく解説します。

倉庫を建て替えるタイミング

建物には定期的な点検や修繕などのメンテナンスが必要です。倉庫も同様に、メンテナンスが欠かせません。しかし、いくら慎重にメンテナンスを続けていても、一定の年数が経てば、老朽化による建て替えは必要です。

また、事業拡大の際に扱う商品が変わったり量が増えたりすると、利便性の向上のために建て替える必要性も生まれます。そのほか、人手不足を解消するために自動化を進めるなど、倉庫の機能を向上させる場合も、建て替えを検討すべきタイミングが来ていると言えるでしょう。

以下では、それぞれの場合にチェックするべき点やポイントを解説します。

 

老朽化

倉庫は、商品や製品の原料など、貴重品を保管しておく場所です。老朽化によって雨漏りが起こり、保管している貴重品が破損してしまった場合、損害賠償を支払う必要も生じるだけでなく、企業の信用にも傷がついてしまうでしょう。

そのため、雨漏りや外壁の亀裂など、施設の老朽化には一般の建物以上に気を配らければなりません。倉庫の劣化の進行を抑えるためには、定期的な点検や修繕が重要です。小さな劣化を見逃してしまうと、地震や台風などの自然災害が起きた際に、大規模な修繕工事が必要になる場合もあります。

また、メンテナンスをしっかり行っていても老朽化を止めることはできません。倉庫の耐用年数は立地や気象条件によって異なりますが、おおよそテント倉庫で15~20年程度、鉄骨造および金属造では30~40年程度が目安と言われています。

 

事業拡大

事業拡大に伴い倉庫の使用目的や取り扱う製品の量が変われば、それぞれの性質や容量に応じて建て替えや改修・増築を検討する必要があります。

例えば、温度管理が必要な製品を新たに保管しなければならない場合は、温度が調節できる機能が必要です。また、製品の質が違えば温度もそれに合わせて製品ごとに調整できるような仕組みや空間を用意しなければなりません。

大きな製品を管理するときは倉庫の容量も当然それに合わせて増やす必要があり、製品によっては通路なども広げなければなりません。どのような製品を扱うのか、その製品を扱いやすくするためにどのような機能が必要になるのかを考えたとき、現在使用している倉庫で管理が難しいときには建て替えを検討すべきです。

 

省力化・省人化

少子高齢化が激化する中で、物流の業界でも人材不足の状態が深刻さを増していると言われています。

そこで、倉庫業務の自動化やロボット化により、省力化・省人化を進める動きも見られます。倉庫の自動化は人手を頼らずに製品の管理などができるため、人件費の削減につながるだけでなく人為的なミスも削減可能です。

また、自動化は作業効率を上げる効果も期待できます。しかし、倉庫業務を自動化するためには新たに導入するべき設備やシステムも数多くあり、設置する場所を作らなければなりません。自動化により倉庫内の配置変更も必要になる場合も考えると、自動化を検討するのであれば、倉庫の改修や建て替えを検討してみてもよいでしょう。

 

倉庫を建て替えるときの注意点・ポイント

倉庫を建て替えるときには、注意すべきポイントがいくつかあります。

まずは、倉庫を建て替える目的を明確にしなければなりません。次に、建て替えや改修を行うためには資金が必要ですので、資金調達の可否を決定します。計画的に建て替えや修繕を考えなければ経営に支障をきたす可能性もあります。また、工事期間中にも業務は止められないため、期間中の倉庫機能の計画も考えておくと、建て替えや修繕がスムーズに行えるでしょう。

以下ではそれぞれのポイントについて詳しく解説します。

 

建て替える目的を明確にする

倉庫の改修や建て替えを行うにあたって、まずは「どんな効果を求めているか」を考えなければなりません。事業の目的を考え、その目的に見合った機能を持つ倉庫にしなければ、改修や建て替えの意味が無くなってしまいます。

省人化を求めるのであれば、ロボット化や自動化を進めていかなければなりませんが、温度管理が必要な製品を新たに保管したいのであれば、温度の調節機能を持った倉庫に建て替えなければなりません。

一見有益に見える機能であっても、目的が違えば全く役に立たない可能性もあります。倉庫の役割と機能性を改めて見直し、建て替えることで何を達成したいのかを明確にしましょう。

 

資金調達

倉庫の改修や建て替えを行う際には、それだけ多くのコストが掛かります。そのため、改修や建て替えの資金を調達することも考えなければなりません。何か問題が起きた後では資金調達も難しくなるため、あらかじめ計画的に資金を確保しておくことをおすすめします。

また、すべての資金調達が難しい場合でも、自治体や政府が運営する助成金や補助金などが利用できる可能性もあるため、資金調達に不安があるときには、助成金や補助金の利用を検討してみましょう。

 

工事期間中の倉庫機能の計画を立てる

倉庫の改修や建て替えを行う際には、一定の工事期間が必要です。倉庫の改修や建て替えによって倉庫が使用できない期間にも、事業は続けていかなければなりません。また、改修や建て替えが終わり、事業を再開した際にも、すぐにスムーズに業務を開始することは難しいでしょう。

そのため、改修や建て替えの工事中も倉庫を操業停止させないようにしっかりとした建設計画を立てる必要があります。その際、工事を依頼する建設会社によっても計画は大きく変わるため、注意が必要です。

倉庫の改修や建て替えを建設会社に依頼をする前には、過去の実績やこれまでの事例を確認したり、スケジュールについてよく相談したりしておくことが肝心です。

 

倉庫を建て替えるならテント倉庫がおすすめ

テント倉庫

倉庫を建て替える際、費用や工期などが気になる人も多いでしょう。そういうときは、目的や用途によってはテント倉庫がおすすめです。

テント倉庫は、工期が短縮できるほか、他の建築物と比較して費用が抑えられるなどのメリットがあります。さらに、変形地でも建設できたり透光性の高い生地を選べば光熱費の節約になったりと、自由度の高さも魅力の一つです。

以下では、倉庫の建て替えにテント倉庫がおすすめなポイントについて解説します。

 

工期が短縮できる

一般的な倉庫を建設する場合、着工から完成までの工期が長くかかります。一方で、テント倉庫の基本的な工程は、基礎工事と鉄骨の組み立て工事・生地張りのみで、短い工期で完成させられるメリットがあります。標準的なテント倉庫では、着工から完成までの工期は最短で2カ月程度です。また、テント倉庫のメーカーに建設を依頼すれば、すべての器材の調達などを一貫して対応してもらえるため、納期が短くできる点も強みの1つです。

 

費用を抑えられる

倉庫を建て替える際に重要なポイントとなるのが建設費用です。資金面の問題で倉庫の建て替えに踏み切れないケースもあるでしょう。そこで、テント倉庫を検討してみると、選択肢も広がります。

テント倉庫は一般的な倉庫に比べて構造がシンプルな上に素材も軽量なものを使用するため、少人数でも施工できて人件費を抑えられることがメリットです。また、基礎工事も一般的な倉庫より費用を抑えられるほか、合理的な構造のため初期費用も比較的掛からずに済むでしょう。

倉庫の建て替えはしたいものの、費用がネックになっている場合は、テント倉庫を選ぶと解決できる可能性があります。

 

変形地でも設置できる

倉庫を建設したい場所が、正方形や長方形のように区画が整備された地形であるとは限りません。中には三角形のような形をした敷地や、台形のような敷地に倉庫を建てたいというケースもあるでしょう。その際にも、テント倉庫であれば敷地に合わせて設置することが可能です。

骨組みの融通が利きやすいテント倉庫の場合、さまざまな組み合わせからオプションを選んでいけば、変形地であっても環境に適したフルオーダーのテント倉庫を設置できます。

 

まとめ

倉庫の改修や建て替えを行う場合、多くの費用と時間が必要な上に、規模によっては場所の確保も必要です。そこで、倉庫を建てるときにはテント倉庫がおすすめです。テント倉庫は建設費用が抑えられ、工期も短く済むメリットがあります。

また、場所もある程度気にせず設置できる点もテント倉庫のメリットです。テント倉庫は、外の光を取り込むこともでき、内部を明るく保てるため、照明の電気代が節約にもつながります。生地の張替えや室内の換気など気遣わなければいけない部分もありますが、一般的な倉庫と比較して手軽に設置できる点もポイントです。

倉庫の改修や建て替えを検討している場合は、高品質のテント倉庫を低価格で実現できるOSテックに相談してください。弊社のテント倉庫は、高品質な重量角パイプを用いているほか、専属の一級建築士が強度計算を行っております。万が一施工不良があった場合でも、3年間保証・無償修理で誠意を持って対応します。現状の倉庫の悩みや改修・建て替えの目的を相談いただければ、貴社に合ったテント倉庫をご提案いたします。

お役立ち情報一覧へ

0120-777-649
受付:9:00~18:00(月〜金)

メールでのお問い合わせ スタッフ